トップ > ブックスタート事業について

ブックスタート事業について

ブックスタートとは?

この事業は、結城市内の0歳児のお子様と保護者の方を対象に絵本を贈り、あわせて読み聞かせを行うものです。
0歳児の検診に合わせ、結城市健康増進センターにて、ブックスタートパックの配布を行っております。
ブックスタートの様子の写真  

ブックスタートの対象

結城市健康増進センターで毎月実施している5ヶ月児検診の対象となる乳児に配布しています。

ブックスタートパック

ブックスタートパックには、今年度の配布絵本2冊と、下記のものが入っています。
この機会に是非、カードをお作りになってお子様と一緒に図書館をご活用下さい。
ブックスタートパックの写真  
※写真の絵本は一例です。実際に配られる絵本とは異なる場合があります。

今年度の配布絵本

ブックスタート配布物
配布絵本 2冊
資料 ブックスタート案内文、図書館からのお知らせ、赤ちゃんの絵本リスト

ブックスタートの始まり

ブックスタートは1992年、イギリスのバーミンガムで始まりました。
「赤ちゃんに絵本を」というこの運動は日本では、2001年4月より本格的に実施されています。
ゆうき図書館では、ブックスタート事業により、より多くの子どもたちが本に親しみ、本の楽しさを知り、そして、自分のお気に入りの一冊を探しに、図書館に来られることを願っております。

※平成29年度ブックスタートの実施数は、397件でした。
ブックスタートの様子の写真

掲載日 平成30年3月5日 更新日 平成30年5月18日
【アクセス数